個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

いちど食べたらやめれない!美味(ウマ)すぎるフードタイポグラフィがコレクションされた「FOOD TYPE」

食べることもタイポグラフィも大好きです。
では、その2つが同時に体感できるとしたら? 
それはもう最高でしょう。
今回はそんな最高の気分にさせてくれるサイトをご紹介します。
すべてのタイプ作品が、食べ物によって制作されているサイトです。
これが素晴らしいのなんのって。
一度見たら、レストランやスイーツ店は、デザインを依頼したくなるのではないでしょうか。
とっても楽しいサイトですし、デザインでも大変参考になりますよ。
ご興味のある方はぜひどうぞ。

美味(ウマ)すぎるフードタイポグラフィがコレクションされた「FOOD TYPE」

FOOD TYPE」は、食べ物を使って制作されたタイポグラフィ作品を公開しているサイトです。
制作しているのは、Danielle Evansというデザイナーさん。
作品の完成度がとても高く、美味(ウマ)すぎます。
一度見たら、もうやめられないかも?
つくった作品は写真におさめてサヨナラです。
チベット仏教の砂絵ほどではないにしても、諸行無常が響き渡っております。
tumblr_n3qfhk4o6M1sqanmmo1_1280
tumblr_n06cfdg0JO1sqanmmo1_1280
tumblr_n3ih0ks3UJ1sqanmmo1_1280

紹介動画もありますよ。

作品自体がまだ少ないという点が残念ですが、今後も作品を増やしていってもらいたいですね。

FOOD TYPE

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

デザインで使えるGoogleフォントをHTML+CSS付きで表示してくれる「TypeSource」

デザインで使えるGoogleフォントをHTML+CSS付きで表示してくれる「TypeSource」

デザインで使えるGoogleフォントをHTML+CSS付きで表示してくれる「TypeSource」を

記事を読む

デザイナーは知ってて当然?なド定番の欧文/英語フォント

デザイナーは知ってて当然?なド定番の欧文/英語フォント22

デザイナーなら知っていて当然?なド定番の欧文/英語フォントをご紹介します。 もちろん、ここに掲載し

記事を読む

かっこ良くて様になる!商用無料で使える欧文/英語フリーWEBフォント54選

かっこ良くて様になる!商用無料で使える欧文/英語フリーWEBフォント54選

WEBフォントは便利で美しいから大好きです。 欧文のWEBフォントはGoogle Fontsをはじ

記事を読む

フォント名で検索すると使用例のサイトが表示される「FontReach」が便利!

フォント名で検索すると使用例のサイトが表示される「FontReach」が便利!

フォント名で検索すると使用例のサイトが表示される「FontReach」をご紹介。 検索対象は英語/

記事を読む

チョークで書いたような無料のフリー欧文/英語フォント36

チョークで黒板に書いたような無料のフリー欧文/英語フォント36

黒板に手書きで書かれたタイポグラフィは、授業を受けるという原体験があるのか、見ている人を自然と引きつ

記事を読む

ロゴ制作などに役立つ無料の英語フリーグリッドフォント29

グリッドフォントというフォントは日本ではなじみのないフォントですが、海外のフリーフォント公開サイトで

記事を読む

無料で利用できるカッコイイ英語のフリーフォント85

和文用のフリーフォントは数が限られていますが、英語(欧文)のフリーフォントはたくさんの種類が公開され

記事を読む

フォントの検証に最適!WEBサイトのフォント情報、サイズなどを解析できる機能拡張「Fontface Ninja」

WEBサイトのフォント情報、サイズなどを解析できるフォントの検証に最適な機能拡張をご紹介。 サイト

記事を読む

タイポグラフィ/WEBフォントに関する作業を簡単にするツール14

WEBフォントがどんどん使われるようになるにつれ、関連するツールもたくさん出来てきています。 多い

記事を読む

欧文/英語フォントのベストマッチ組み合わせを実例付きで教えてくれる「Type Genius」

欧文/英語フォントのベストマッチ組み合わせを実例付きで教えてくれる「Type Genius」

欧文/英語フォントを組み合わせて利用する場合、日本語に比べて、結構難しくはないですか? どのフォン

記事を読む