個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販を使って各社を比較しました。オススメの通販印刷会社をご紹介します。
普段から、印刷通販を利用しまくっています。
印刷通販利用歴は、そろそろ10年が経過しました。
チラシ、カタログ、パンフレット、名刺……。
会社や個人事業主の方のご依頼で、必要と思われるアイテムのほとんどを印刷通販で制作しています。
そこでここでは、私が利用してきた印刷通販のうち、もっともおすすめな印刷通販会社を、各社比較しながらご紹介したいと思います。
アフィリエイト的には、TVCMでもおなじみのラクスルになるのでしょうが、ラクスルの利点を見出すことが私にはできませんでした……。
なので、ぜんぶ正直に書いています。

私が印刷通販を利用しようと思ったわけ

営業マンがすぐに駆けつけてくれて、親身になっていろいろ相談にのってくれるなじみの印刷所を普段からお使いの方にとって、印刷通販をはじめて使うには少し不安があるでしょう。

 「仕上がりは大丈夫なのか?」
 「納期までに間に合うのか?」
 「問題が起こった場合の対応はどうか?」

こうした不安は当然だと思います。
会社員をしていた当時、私にもなじみの印刷所があって、信頼してその印刷所に仕事をお願いしていました。
転職したとしても、なじみのある印刷所・営業マンに仕事を継続して依頼していました。
印刷品質が素晴らしいのはもちろんでしたが、そのほかにも、誤植を印刷前に修正してくれたり、問題があった場合には、費用を肩代わりしてくれたり、フォローがとてもしっかりしていたからです。
何より、書籍や雑誌を扱っていたことから、信頼のある印刷所でなければ対応は難しかったと思います。
しかし、フリーランスになって事情が変わりました。

フリーランスになって印刷通販を利用したのがきっかけ

フリーランスになって自宅で仕事始めたとき、先輩デザイナーから印刷通販の存在を教えてもらいました。
先輩デザイナー曰く、「その印刷通販会社は、普通の印刷会社が下請けに使うぐらい安い」といういうのです。

驚きの安さ、仕上がりの良さ

先輩デザイナーが過去に発注した印刷物を見せてもらいました。
チラシ、名刺、リーフレット、パンフレット、選挙用ポスターなどなど……。
どれを見ても、抜群の仕上がり。
品質にまったく問題はありません。
値段を聞けば驚きの価格です。

これまでの印刷所がぼったくりに思えるほど。
すると先輩が「その印刷所も、ここに仕事回してるんちゃうか?」
それぐらい安いという笑い話です。

入稿しやすい環境、フォロー体制の充実

私自身も、名刺やチラシで初めて印刷通販を利用してみました。
データ作成にあたっては、専用のテンプレートが数多く準備されているので、いちから環境を設定する必要がないため、スムーズに制作を進められます
入稿もネットを通じて入稿するので、わざわざCD-RやDVDにデータを焼いて直接渡す必要はありません
データに問題があった場合には、すぐに電話をくれるため手早く対応できます。
対応は24時間いつでもOK
夜中でも連絡可能です。
もちろん、仕上がりはバッチリ。問題なしです。
以来、普段よく利用する名刺、チラシ、パンフレット、ポスターなどの販促物はすべて印刷通販を利用しています。
品質がいいのに、印刷料金が安いので、お客様にも喜んでもらえますよ。

印刷通販のメリット・デメリット

印刷通販を利用してきた経験から、印刷通販のメリット・デメリットを挙げたいと思います。

印刷通販のメリット

  1. 1. 安い
  2. 2. テンプレートが豊富
  3. 3. 入稿しやすいシステムがある
  4. 4. 明朗会計

「1. 安い」について

営業マンがいないなどで人件費を削っていることから、驚きの価格を実現しています。
普通の印刷所を使ったことがある人なら、ぜったいに驚かされる価格でしょう。
印刷通販を使った場合の料金については、次の項目「主要印刷通販の比較表」をご覧ください。

「2. テンプレートが豊富」について

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

チラシや名刺などのデータを作成する場合、印刷通販では独自のテンプレートが準備されています。
主にIllustratorのテンプレートになりますが、このテンプレートにはすでに入稿時に必要になる設定も含まれています
たとえば、カラーをCMYK、ラスタライズ効果を高解像度、トンボ、塗りたし線など。
Illustratorを、WEBとグラフィックで作成していると、ついつい忘れがちな設定がしっかりなされているので安心してデータ作成を行えます。
そもそも、こちらでイチから作成していては時間がとられてしまいます。
テンプレートを活用することによって、ムダな時間を省き、制作する時間を有効に使えるようになります。

「3. 入稿しやすいシステムがある」について

入稿を劇的に簡単、早くする「ダイレクト入稿システム」

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販の入稿は、通常の印刷所とは異なった入稿準備を進める必要があります。
フォントのアウトライン化やリンク切れのチェック、画像の埋め込みなど、こうした作業には結構時間がかかります。
しかし、こうした煩雑な入稿準備を不要にしてくれる素晴らしいシステムを導入してくれている印刷通販会社があります。
私が普段利用する「印刷通販グラフィック」が導入している「ダイレクト入稿システム」です(ダイレクト入稿に関する詳しい内容は「激安通販印刷のグラフィックの「Illustratorダイレクト入稿」システムWin/Mac両対応」をご覧ください)。
これはネット環境が使える場所であれば、わざわざデータをアウトライン化したり、リンク画像を集めたりすることなく、Illustratorを開いている状態から、そのまま印刷通販にデータ入稿できてしまうスグレモノのシステムです。
2015年9月2日〜Win/Mac対応になりました!

データチェック時間を大幅に短縮する「ダイレクト入稿システム」

ダイレクト入稿システムには、まだ利点があります。
データチェックにかかる時間を大幅に短縮するという点です。
のちほど「印刷通販のデメリット」でも出てきますが、印刷通販ではデータ入稿後、印刷通販会社によるデータチェックを行います。
データに不備がないかを確認し、問題がなければデータチェック完了となって納品日が確定します。

印刷通販では納期を指定してから発注しますが、このデータチェックにかかる時間によって納期が変わる可能性があるのをご存知ですか?
データチェックが遅れたために納期がズレる、これは非常にまずい!!
通常、このデータチェックには半日〜1日かかります。
半日〜1日経過したのちに、何か問題が発生したらデータを修正し、再度、入稿しなければなりません。
そしてまたデータチェックです。
データチェックにはまた半日〜1日かかる……。
このような不安定な状況では、期日が決まった仕事で印刷通販を利用するなんてできません。
しかし、「ダイレクト入稿システム」ではそんな心配は一切不要
データ入稿が完了したら、すぐに自動でデータチェックが行われ、不備があればその場で修正できます。
問題なければブラウザを通じて自分の目で最終チェックを行い、データチェックが完了します。
データチェックが完了すれば、1〜2時間後には印刷準備が開始される、超スピーディーなシステムです。
この「ダイレクト入稿システム」を一度使えば、もうほかの方法での入稿作業なんて、かったるくてやってられません。
画像の収集やリンク切れのチェック、アウトライン後のデータチェック……。
ほんと馬鹿らしくなります。
しかも、「ダイレクト入稿システム」を利用すると、印刷料金が安くなるという嬉しいオプション付き!
利用しない手はないです。
私は完全に印刷通販グラフィックが提供する「ダイレクト入稿システム」の虜になっています。

PDF作成をより簡単に手早く行うための「PDF設定ファイル」配布

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

「PDF入稿」も、データ作成を簡単に手早く、スムーズに入稿できるシステムです。
印刷通販グラフィックの「ダイレクト入稿システム」に比べて、PDFを作成するという一手間がかかりますが、それほど時間をとられるわけではありません。
同じく印刷通販グラフィックが提供する「PDFの設定ファイル」をインストールすれば、PDF作成が5分で完了します。
アウトラインの作成やリンク画像の収集も一切不要。
すぐにデータ入稿できます。

「ダイレクト入稿システム」ではIllustratorしか対応していませんが、「PDF入稿」であればPhotoshop、InDesign、Quarkなどにも対応しています。

「セルフデータチェック」システムの導入

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

「セルフデータチェック」システムというのは、先に挙げたダイレクト入稿でも出てきましたが、最終のデータチェックを自分の目で行うシステムのことです。
(「ダイレクト入稿」の場合は、データ入稿からセルフデータチェックまでが一連の流れになっているシステムです。)
通常、データチェックは印刷通販会社のスタッフが行います
しかし、この方法だとデータチェック完了までに半日〜1日、遅いところでは2日かかってしまいます。
データに不備があった場合には、さらにデータチェックに時間がかかり、納期にズレが生じするのです。
これは非常にまずい事態ですよね。
そこで「セルフデータチェック」システムです。
ブラウザを通じて自分の目でデータチェックを行えます。
チェックは自動で行われ、不備がある場合は、その箇所を指摘してくれ、その場で修正します。
そのため、すぐにデータチェックを完了させることができ、スムーズに印刷へ進めるのです。

「ダイレクト入稿」ほどではないにせよ、この方法もとても便利なシステムです。
使わない手はないでしょう。

「4. 明朗会計」について

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販会社のサイトでは、価格表が堂々と明記されています。
印刷開始直前での入稿データの差し替えなど、特別な事情がない限り、追加料金などはいっさいありません。
むしろ、印刷通販の中には、ポイント制度を導入している会社もあります。
だいたい1p=1円となっているので、たくさん利用する人ほど料金が下がります。
通常の印刷会社を使っているときには考えられません。
見積もりをとって、価格交渉をして、また見積もりを出し直して、納品後に最終見積をもらって、また価格交渉して……。
あ〜、ものすごい時間がかかったなあ。
この点でも、印刷通販なら余計な仕事はありません。
私のようなフリーランスにとっては、大変ありがたいシステムです。

印刷通販のデメリット

  1. 1. 営業マンのサポートがない
  2. 2. スケジュールが立てにくい
  3. 3. 特色・特殊印刷に対応している会社が少ない
  4. 4. 色校正を行いにくい

「1. 営業マンのサポートがない」について

通常の印刷会社ではたいてい、専属の営業マンがいました。
この営業マンに「こんな感じのものがつくりたい」といえば、加工方法や紙材をはじめ、いろいろと提案してくれたものです。
また、こちらでは気が付かないようなミスを事前に防いでくれたり、困ったことはないかとなどとこまめに連絡をくれていました。
一方、印刷通販には営業マンはいません。
すべてを自分で決定したうえで、制作を進める必要があります。
しかし、最近ではで電話やメールによる相談を受付けている印刷通販もあり、お客の不安を改善しようとしているようです。

「2. スケジュールが立てにくい」について

通常の印刷所を利用している場合には、営業マンがスケジュールを組み立てて提案してくれていました。
しかし、印刷通販では納期を自由に選べます。
最短で当日納期、なんていうのもあります。
ただし、印刷通販会社のスタッフがデータチェックを行う場合には話は変わります。
その場合には、データチェックに時間がかかり、最悪、納期がズレる場合もあります。
クライアントによっては、納期が1日ずれただけで大問題になる場合もあるので、この点は注意して作業を進める必要があります。
ですが、すでご紹介した「ダイレクト入稿システム」や「PDF入稿」なら、データチェックがスムーズに行えるので、納期を正確に割り出せます。
納期がズレる心配はありません。

「3. 特色・特殊印刷に対応している会社が少ない」について

印刷通販は一度に大量の印刷でコストを下げようとしていることから、商品バリエーションが豊富ではないようです。
なかでも、特色・特殊印刷などを行っていない会社が多くあります。
ただ、印刷通販のなかには、特色にもしっかり対応していたり、箔押しやエンボス加工といった特殊加工を行う会社もあります。
上手に使い分けていくのもいい方法です。

「4. 色校正を行いにくい」について

色校正を出してもらい、色見本を渡し「この色に寄せて」とか、「ここ赤みを強く」なんてことはできません。
印刷通販でも色校正を出してくれる印刷通販もあります。
しかし、通常の印刷所のように、色校に修正・指示を記入して戻すことはできません。
あくまでも修正するのはデータ上での修正で、再度データ入稿するというやり方法です。
ですので、厳密な色表現を求める印刷物には、印刷通販は向いていません。
当然といえば当然ですが。
ただ、同じ印刷通販を利用しているうちに、色みのクセがつかめてくると思うので、
そのあたりを考慮してデータを作成し、求める色に近づけるのものありなのかもしれません。

以上、印刷通販のメリットとデメリットについて挙げてみました。
印刷通販にはデメリットは存在しますが、それを補ってあまりあるメリットが存在することをご理解いただけたと思います。
「安い」「テンプレートが豊富」「入稿しやすい」「明朗会計」
こうしたメリットは、これまでの印刷所が持ち得なかった点です。
だからこそ、印刷通販は多くの人に受け入れられ、さらに利用者を増やしているのだと思います。

主要印刷通販の比較表

以上のような話を抑えたうえで、主要な印刷週販の特徴と料金を比較したいと思います。
料金比較については、もっともよく利用されるであろう、A4チラシ、コート90kg、両面カラー、納期4〜5日、3000部で比較してみました。
比較を行った上で、私が実際に利用した感想を交えて、順位を決定したいと思います。

グラフィック プリントパック ラクスル WAVE 東京カラー
印刷
アルプス
PPS
テンプレート
ダイレクト入稿
PDF設定
ファイルの配布
office入稿
セルフデータチェック
データチェック
にかかる時間
最短
即完了
半日~1日 半日~1日 半日~1日 2日以内 半日~1日
特殊印刷の対応
特殊用紙の対応 豊富 若干有 若干有
サポート体制 電話&
メール
フリーダイヤル&
メール
電話&
メール
電話&
メール
フリーダイヤル&
メール
電話&
メール
色校正
ポイント制度
割引制度
A4チラシ
3000部の料金
¥7,860 ¥6,260 ¥6,912 ¥7,441 ¥6,260 ¥6,690
送料 1000円
以上無料
無料 名刺以外
無料
無料 無料 無料
工場所在地 京都 京都 東京 東京 東京 東京

第1位 ダイレクト入稿システム+発送の柔軟性+印刷品質でグラフィック

価格が高いので驚いた方もいるのではないでしょうか。
しかし、私はずっとグラフィックを利用しています。
初めて利用した印刷通販会社だということもありますが、最大の理由は「ダイレクト入稿システム」があるからです。

安さ以上の価値がダイレクト入稿にはある

すでに書いたように「ダイレクト入稿システム」の使い勝手の良さを知ってしまったら、もうほかの印刷通販を利用できません。
Illustratorだけの対応となっているものの、ネット環境が使える場所であれば、わざわざデータをアウトライン化したり、リンク画像を集めたりすることなく、Illustratorを開いている状態から、そのままデータ入稿できてしまうというスグレモノです。
そして、ブラウザを通じて自分の目でデータチェックを行うことができるので、データチェックがすぐに完了します。
データチェックが完了すると、1〜2時間後には印刷準備が開始される、スピーディーなシステムです。

PhotoshopやInDesignであってもPDF入稿が可能です。

>グラフィック独自の「PDF設定ファイル」と「セルフデータチェック」システムを利用できるので、データチェック完了まで短時間で終えることができます。
業界最安値のプリントパックとは1,000円ぐらいの差がありますが、1,000円ぐらいの価格差ではこの手軽さ・便利さ・時間を引き換えにはできません。

工場からクライアントに直送しても、一部を発注者に無料で送ってくれる

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

1,000円以上の注文が送料無料になるグラフィック。
クライアントへの納品も、工場から直送してもらっています。
このとき、発送元を発注者である私の名前にしてくれるだけでく、印刷物の一部を発注者の私にも無料で送ってくれるのです。
この発送の柔軟性は、作り手にとって大変ありがたいサービスです。
作り手としては、出来上がった印刷物はぜひとも自分の目で確認したいものですし、クライアントにはどの印刷所を使っているか明かしたくはありませんよね(値段がバレてしまいますから)。
その気持ちよく理解してくれているといえるサービスです。

品質の良さ、スタッフの対応の迅速さは言うまでもない

印刷品質については、本当にいい仕上がりです。
折り加工などについても、まったく問題ありません。
通常の印刷会社と比較しても遜色ない仕上がりとなっています。
また、スッタフの対応も早い
注文した商品についてメールで質問すると、1時間以内には返事があります。
またデータで問題があった場合も、細かいことでも必ず電話連絡してくれます。
こちらから電話をしても、つながりやすいのもいいですね。
ちなみに、印刷通販グラフィックは24時間電話対応しています。
利用者にとっては、とても安心できますよね。

プリントパックでは断られたデータでもグラフィックならOK!

グラフィックの対応力はデータの取り扱いでも発揮されます。
先日、プリントパックで無線とじ冊子を注文し、PDFデータ入稿を行ったのですが、「データが複雑すぎるので、すぐに修正してください」との連絡がありました。
どこが複雑なのか詳しく教えてほしい?と質問したところ、「画像が複雑」との回答が。。。
そして、再入稿しないと、納期が遅れるとのことでした。
「画像が複雑」と言われても、まったくわからないので、コールセンターに問い合わせたのですが、有効な回答は得られませんでした。
このままでは納期に間に合わないと思い、すぐにグラフィックで注文を済ませ、プリントパックに入稿したものとまった同じデータを入稿しました。
すると、数時間後には「データチェック完了」との返答が来て、無事に納期通りに納品できました。

もちろん、品質もクライアントの満足のゆくものでした。
プリントパックの回答を信じてデータの修正に時間を費やしていたら、納期には間に合わなかったことでしょう。
グラフィック様々。
改めてグラフィックの対応力に感服した次第です。

取扱い用紙、印刷商品の豊富さは業界随一

グラフィックのもう1つの特徴は、業界随一を誇る取扱い用紙と、商品のバラエティーの豊富さでしょう。
下記の用紙見本はグラフィックで無料でもらえる用紙見本です。

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

ざっと202の用紙見本があります。
特徴は、アラベールホワイトやヴァンヌーボー、新楮紙、新局紙といった高級紙を豊富に扱っているところ。
名刺やショップカード、DMで利用すると効果絶大で、高級感を求めるクライアントにとても喜ばれます。

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷商品の豊富さも際立っています。
下記は取扱商品が掲載されている冊子です。

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介
印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

Tシャツやポロシャツ、缶バッジといった一般的な商品から、電飾看板、ベビービブ(よだれかけ)、タンブラー、ウエルカムボード、アート作品専用の美術プリントなど、非常に豊富な商品ラインナップを誇っています。
パラパラめくっているだけで、販促物のアイディアが浮かんできます。

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

また無線綴じ冊子印刷の場合でも、他社が軒並み200ページまでしか対応していない一方で、グラフィックは300ページまで対応しています(オンデマンド印刷のみ)。
学術系だと、すぐに200ページを超えるので、この対応はありがたいですね。

そんなわけで、私はグラフィックを利用しています。
業界で唯一、ダイレクト入稿を導入したグラフィックですから、今後も制作者にとって便利なシステムをどんどん導入してくれると思います。

印刷の通販 グラフィック

第2位 低価格なプリントパック。しかし対応が。。。

業界最安値を誇るプリントパック。
名刺印刷などはグラフィックのほうが業界最安値ですが、全般的にグラフィックより安く設定されています。
品質的にも問題ないレベルであるため、印刷通販グラフィックのダイレクト入稿や発送先の柔軟性を考慮しないというのであれば、プリントパックで問題ないのかもしれません。
ただし、グラフィックでは、お客様直送でも印刷サンプルを無料で発注者本人に送ってくれるのですが、プリントパックは400円もかかります。。。

欠点としては、電話やメールでの対応がいまいちであること。
電話については、いつ電話しても話し中だし、つながったとしても1時間は待たされるのが常態化しています。
年末に電話したときには、つながるまでに3時間かかりました。。。
事前に注文内容に関する質問をメールでしていたのですが、回答はいただけず仕舞いでした。
低価格を実現するために、人材を確保していないのでしょうか。
余裕があるときに利用したいですね。

印刷通販プリントパック

第3位 プリントパックに劣らない価格! 東京カラー印刷

東京近郊から入稿するなら、プリントパックに負けるとも劣らない価格の東京カラー印刷もおすすめ。
データチェックに時間がかかってしまうという点があるものの、価格は魅力です。

印刷通販TCP・東京カラー印刷

ラクスル

まとめ

主要な印刷通販を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。
印刷通販というと、価格で決めてしまいがちですが、価格だけでは単純に比較できない面があります。
印刷通販を利用するなら、やはり「価格+利用者の利便性+品質」のバランスが取れた印刷通販を選ぶことをおすすめします。

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 7

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ベクター形式で情報を視覚的に表現!無料のインフォグラフィックス/図説用素材集38セット

情報がすっきり整理されていて、デザイン性もすぐれている図説/インフォグラフィックスは見ていて楽しいも

記事を読む

書籍用ISBNバーコード(JANコード)を無料でつくれるIllustrator用テンプレート

書籍用ISBNバーコード(JANコード)を無料でつくれるIllustrator用テンプレート

書籍用のISBNバーコードを作成する必要があり、Illustrator用プラグインなどをいろいろと探

記事を読む

レジご担当者も思わずニヤリ!おしゃれすぎるデザインされたバーコードたち56

ふだん見かける味気ないバーコード。 バーコードってこんなもの、という先入観から、何の疑問ももつこと

記事を読む

キャンバス地/麻布の無料テクスチャでワンランク上のデザインを! キャンバス地/麻布のフリーテクスチャ

キャンバス地/麻布の商用利用無料テクスチャでワンランク上のデザインを! キャンバス地/麻布のフリーテクスチャ100+

キャンバス地/麻布で商用利用無料のテクスチャをまとめてご紹介します。 控えめでありながら、デザイン

記事を読む

有料の写真素材/ストックフォトサービスならこの4サービスがおすすめ!便利な価格表付

ロイヤリティーフリー画像を利用するとき、これまで無料で利用できる画像を探して使っていました(詳しくは

記事を読む

Photoshopの代わりになるプロフェッショナルなツール/ソフト・ベストコレクション

PhotoshopやIllustratorのパッケージ版の販売が終了しました。 一方でAdobeは

記事を読む

FIFAワールドカップ1934〜2014年大会までのFIFAワールドカップロゴデザイン

FIFAワールドカップ1934〜2014年大会までのFIFAワールドカップロゴデザイン

またまた旬なネタで。 必ず盛り上がるワールドカップ。 そのワールドカップを象徴するのがロゴデザイ

記事を読む

Photoshopレイヤーから直接SVGに書き出せる便利なスクリプト

Photoshopレイヤーから直接SVGに書き出せる便利なスクリプト

Photoshopレイヤーから直接SVGに書き出せる便利なスクリプトをご紹介します。 Photos

記事を読む

楽しみながらデザインの知識&スキルがアップするゲームまとめサイト「Games for designers」

楽しみながらデザインの知識&スキルがアップするゲームまとめサイト「Games for designers」

デザイナーのための楽しみながら知識&テクニックがアップするゲームまとめサイトをご紹介。 海外ではデ

記事を読む

デザイン・アイディアのヒント満載!デザイナーならフォローしておきたいPinterest

展覧会や美術館、ギャラリー、写真集、画集などを眺めていると、突然、アイディアが湧いてくるということは

記事を読む