個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

YONGNUO SPEEDLITE YN-560激安ストロボとワイヤレススレーブで簡単多灯ライティング

YONGNUO SPEEDLITE YN-560

仕事で写真撮影を行うことが、ちょくちょくあります。
これまではクリップオンストロボ1灯で撮影していました。
使い始めた当初はよかったものの、次第に1灯だけでは不便というか光量不足を感じるようになりました。
自分の腕のなさを棚に上げて、道具のせいにしているわけです……。
カメラ雑誌やカメラ関係のサイトを覗いていると、ポートレートや物撮りでは「多灯のほうがいいよ」的な記事をよくみかけます。
そうした記事を目にすればするほど、多灯撮影に対する憧れが日に日に強まってきました。
実現したいものの、多灯撮影を実現するには結構なお金がかかる。
でも、トライしたい。
何かよい方法はないかしらん……。
と思い悩んでいたところ、現在もっているクリップオンストロボに対応したワイヤレススレーブが発売され、格安での多灯ライティングが可能になったのです!
早速、ストロボを買い増して2台体制とし、多灯撮影に挑戦してみましたので、ご紹介します。
安く手軽に多灯撮影に挑戦したいという方のご参考になれば幸いです。

格安なのに大光量を誇る「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」

YONGNUO SPEEDLITE YN-560
買い増して2台体制にしたクップオンストロボは「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」です。
そもそも、なぜ「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」にしたかというと、ガイドナンバー(GN)56という大光量にもかかわらず、6000円前後と激安だったからです(正直なところ、純正品を買う余裕がなかっただけなのですが……)。
レビューをみても値段・中国製のわりに良い評価が多かった。
そこで1年くらい前に1本目を購入してみたのですが、すごーくよかった。
純正品がどれだけ優れているのかはわかりませんが、以前使用していたSUNPAK製のストロボに比べ、機能・使い勝手ともに数段上を行っていました。
単三4本でいいので、エネループが使えます。
首振り可能なので、バウンス撮影は思いのままです。
余計なロックがないので、首振りも操作もスムーズ。
黒い専用ケースやスタンドもついています。
当然ですが、キャッチライトパネル(白い板)もついています。
ズッシリとした重要感(電池なしの状態で350g)があり、とても安い中国製には思えません。

*ソニー製のカメラで使用する場合は「YONUNUO製 ソニーα用 ホットシュー変換アダプター YN-H3」などのホットシューアダプターが別に必要になります。

TTL調光なしのマニュアル発光ストロボ

DSC04032
当方が購入した「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」は、TTL調光に対応していませんので、ご注意を。
TTLがないので、マニュアル設定する必要があります。
設定値は、1/1, 1/2, 1/4, 1/8, 1/16, 1/32, 1/64, 1/128と8段階。
ワンタッチでの操作が可能です。
細かく設定できるため、機能的には問題がないと思います。
マニュアルですので慣れは必要ですが、本番撮影前に数枚とって確認すればすぐに対応できますまよ。
実際に、それほど不便を感じたことはありません。
ただし、少しだけ値が張る「YONGNUO製 キャノン用TTL スピードライト YN-565EX」はTTL調光に対応しています。
TTL調光が必要という方は、こちらをご購入ください。

スレーブ機能とワイヤレスラジオスレーブを利用した多灯撮影

YONGNUO SPEEDLITE YN-560
「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」にはスレーブ機能が搭載されています。
スレーブ機能とは、他のフラッシュ光に反応して、ストロボが発光する機能のことです。
特別な機器やコードがなくても、離れた場所にストロボがあっても、フラッシュが発光してくれるので、いろいろな角度・距離から撮影することが可能になります。
「YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II」のMODEボタンにある「S1」「S2」がスレーブモードです。
「S1」は光に反応してスレーブ。
「S2」はプリ発光(本番のフラッシュが光るよりも先に発光する機能。フラッシュと被写体までの距離を測る機能です)には反応しないで、本番のストロボ光に対してスレーブ発光します。
多灯撮影するには、カメラ本体についているストロボと、このスレーブ機能を利用すれば、簡単に実現できます。
スレーブ機能のついたストロボがあれば、いくらでも多灯ライティングすることが可能というわけです。
しかし、カメラ本体にあるストロボは固定されてしまっており、正面からの発光になるので、正直邪魔です。
この問題を解決するために利用するのが、ワイヤレスラジオスレーブの「YONGNUO製 ラジオスレーブ RF-603C3 キャノン用」あるいは「YONGNUO製 CTR-301P ラジオスレーブ Sony α対応」です。

ワイヤレスラジオスレーブ「RF-603C3」や「CTR-301P」なら離して撮影することが可能になる

DSC04034
ワイヤレスラジオスレーブ「YONGNUO製 ラジオスレーブ RF-603C3 キャノン用」もしくは「YONGNUO製 CTR-301P ラジオスレーブ Sony α対応」(上記画像のもの)を別に購入すれば、カメラ本体とストロボが離れていても、ストロボを発光させることができます。
メーカーの説明よれば、「RF-603C3」「CTR-301P」は100m離れても撮影できるとか(ありがたいんだかなんだか……)。
コードレスはむちゃくちゃ楽です。
足をひっかけることも、「コードが足りない!」といった心配もありません。
窓の外にスロボをおいて自然光のような形で撮影することも可能ですね。

私は場合はソニーの古いαシリーズを使っていますので、「YONGNUO製 CTR-301P ラジオスレーブ Sony α対応」の受信機を1台のストロボに取り付け、残りのストロボはスレーブモードとしました。
発信機はカメラ側にとりつけます(以下の画像)。
IMG_0586
これで、憧れの多灯撮影が可能なりました。

なお、ワイヤレスラジオスレーブ「RF-603C3」「CTR-301P」は、受信機(ストロボに取り付ける機器)さえ買い増せば、いくらでもストロボを増設することが可能です。
ワイヤレスラジオスレーブは本当に自由度が高いので、受信機を買い増して、より柔軟な多灯ライティングに挑戦したいと思います。

*YONGNUO SPEEDLITE YN-560 IIにはPC​​ポートもあります。このPCポートにシンクロコード(「ETSUMI ストロボ用ケーブル PCコード1.5m E-6368」など)を接続してフラッシュを同期させることも可能です。

多灯撮影に挑戦

早速「CTR-301P」と「YONGNUO SPEEDLITE YN-560II」を使用した多灯撮影に挑戦したいと思います。
撮影したのはグラスです。

1灯使用。天井バウンスで撮影した場合

DSC04012
まずは1灯だけで撮影した場合です。
白い天井にバウンスさせました。
バウンスとはストロボ光を天井や壁に当てて撮影する方法です。
こうすると、被写体に当たる光が柔らかくなるのです。
ストロボは以下のように設置しています。
すいません、位置は適当です。
適当なのに、まあまあ撮れてしまう。
これが、クリップオンストロボ+天井バウンスの利点です。
flash01

2灯使用。2灯とも天井バウンスで撮影した場合

DSC04022
今度は2灯を使って撮影した場合です。
2灯ともに天井にバウンスさせました。
ストロボを以下のように設置しました。
多灯撮影初挑戦ということで、設置位置はめちゃくちゃです。
すいません。
1灯に比べ、左側に出ていた影が柔らかくなっています。
また全体的に光がまわっていて、少しだけよくなっているような……。
ポートレートだったら、もっと威力を発揮しますよ。
バックから発光させてラインライトをつくるとか。
これからが楽しみです。
flash02

撮影の幅が広がること間違いなし!

正直、めちゃくちゃ安く済んで助かってます!
ストロボ2台とラジオスレーブ合わせても1万6,000円ほど。
なのに、機能は十分です。
正直いうと、たまに発光しないときもあり、嫌な汗をかくときもありますが、値段を考えればご愛嬌。
チャージまで約2秒と、物撮りやポートレートなどで十二分な威力を発揮してくれます。
1灯だけでは正直難しかった場所や被写体でも、この「YONGNUO製 キャノン用TTL スピードライト YN-565EX」を利用した多灯ライティングによって幅広く対応できそうです。
さらにもう1台のストロボと、ラジオスレーブの受信機を増やし、3灯にしてみたいですね。
そうすればもっとおもしろいものが撮れると思います。
それでも、純正品「600EX-RT」1台のお値段より安く、3万弱で収まってしまうのがすごい。

amazonの場合

YONGNUO SPEEDLITE YN-560 II


YONGNUO製 CTR-301P ラジオスレーブ Sony α Alpha シリーズ用


YONGNUO製 RF603CII-C1 第二世代 ワイヤレス・ラジオスレーブ

楽天ショップの場合

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

カメラのレンズ穴がない動画・写真撮影機能付きメガネがすごい!

カメラのレンズ穴がない動画・写真撮影機能付きメガネがすごい!

カメラのレンズ穴がない動画・写真撮影機能付きメガネが登場しました。 一見すると完全なメガネ。 で

記事を読む

iPad mini用キーボードケースカバーにLogicoolウルトラスリム・キーボード・フォリオを買いました

Logicoolウルトラスリム・キーボード・フォリオは頭ひとつ飛び抜けていた

iPad mini用キーボード付きケースカバーにLogicoolウルトラスリム・キーボード・フォリオ

記事を読む

男女ともに必見!加齢臭や体臭対策として使えるベストな香水22

男女ともに必見!加齢臭や体臭対策として使えるベストな香水22

どんなにイケメンでも美人でも、どんなにいい人でも、どんなに清潔感のある人でも、明るく前向きな人であっ

記事を読む

目の疲れや顔のたるみ対策にリフトアップヘアバンド内蔵帽子「フェイスアップヘアカバー」

目の疲れや眼瞼下垂にリフトアップヘアバンド内蔵帽子「フェイスアップヘアカバー」

目の疲れや、眼瞼下垂に最適なリフトアップヘアバンド内蔵帽子「フェイスアップヘアカバー」をご紹介します

記事を読む

子どもの鼻水・中耳炎対策として最適だった!電動鼻水吸引器「スマイルキュート」

子どもの鼻水・中耳炎対策として最適だった!電動鼻水吸引器「スマイルキュート」のレビューと使い方

2歳の子どもがすぐ風邪を引いて、鼻水を垂らします。 そうなると耳鼻科で吸引してもらえば、そのときは

記事を読む

子どもの躾に「絵本地獄」の効き目がすごい

子どもの躾に「絵本地獄」の効き目がすごい

5歳になる息子がいます。 5歳は「魔の5歳」といわれるほど、わがままなんだとか。 言うことはまっ

記事を読む

写真の正確な色調整を瞬時に実現!「X-Rite ColorChecker Passport」はコスパが高い

写真の正確な色調整を瞬時に実現!「X-Rite ColorChecker Passport」は撮影必須ツール

写真の正確な色調整を瞬時に実現してくれる超スグレモノ「X-Rite ColorChecker Pas

記事を読む

変速付きシティーサイクル「Lupinus(ルピナス)LP-266TD」を楽天のチャレンジ21で買ってみた

変速付きシティーサイクル「Lupinus(ルピナス)」を楽天チャレンジ21で買ってみた

楽天市場にあるチャレンジ21というショップで、おしゃれで安いと評判のシティーサイクル「Lupinus

記事を読む

10ミリ径のワイヤーロック「Specialized ワイヤーロック」が簡単に切断されてクロスバイクを盗難される

10ミリ径のワイヤーロック「Specialized ワイヤーロック」が簡単に切断されてクロスバイクを盗難される

10年来乗っていたクロスバイクを盗まれました。 共同駐輪場の柱に、ワイヤーロックで巻きつけて、地球

記事を読む

加齢臭を消したい40代男性へ!加齢臭対策用石鹸「アジカAGICA」冗談抜きで効きました

加齢臭を消したい40代男性へ!加齢臭対策用石鹸「アジカAGICA」冗談抜きで効きました

加齢臭に悩んでいたんですが、試しに購入してみた加齢臭対策用石鹸「アジカAGICA」が冗談抜きで効いた

記事を読む