個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

世界の人口爆発中!人口増加と自分の余命が一目でわかる「Population.io」

世界の人口爆発中!人口増加と自分の余命が一目でわか「Population.io」

日本では人口が減り、少子高齢化が加速度的に進んでいますが、世界では現在も人口爆発が進行中です。
2014年12月現在、世界人口は72億人を超えています。
そんな人口増の様子がひと目で分かるサイトがあったのでご紹介します。
自分の誕生日を入力すれば、世界人口における自分の立ち位置もわかります。
自分がいったいどれだけ生きるのかということも目安として表示してくれます。試してみてくださいね。

人口増加と自分の余命が一目でわかる「Population.io」

「Population.io」は、人口増加と自分の余命が一目でわかるサービスです。
人口増加の様子は、サイトを開いたすぐ上の部分に、表示されています。
世界各国でどんどん人口が増えているのが、よくわかります。
世界の人口爆発中!人口増加と自分の余命が一目でわか「Population.io」

誕生日を入力すれば、世界人口での自分の立ち位置、おおまかな余命もわかる

面白いのは、誕生日を入力すると、世界人口における自分の立ち位置がわかったり、おおよその余命がわかるということです。
余命については、各国の平均寿命をもとに計算しています。
そのほか、自分よりも年寄りが何人いるのか、若い人が何人いるのか、同じ誕生日は何人いるのか、とって情報もきれいなインフォグラフィックスで表示してくれます。
APIも公開されているようです。
Population

Population.io

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

情報を一度に拡散したいなら「GHORUS(ゴーラス)」

情報を一度に拡散したいなら「GHORUS(ゴーラス)」

情報を一度に、一人でも多くの人に届けたい場合にとっても役立ちそうなサービスをご紹介します。 個人や

記事を読む

和暦・西暦を変換してくれる鴎来堂の「校正ツール」が便利!

和暦・西暦を変換してくれる鴎来堂の「校正ツール」が便利!

和暦・西暦をすぐさま変換できる方はすごいです。 明治以降ならまだしも、江戸より以前になると、まった

記事を読む

無料でプレスリリースを受け付けてくれるサービス57と連絡先

無料でプレスリリース!プレスリリースを無料で配信してくれるサービス57と連絡先

無料でプレスリリースを配信できるサービスとその連絡先をご紹介します。 プレスリリースは予算の少ない

記事を読む

芸能上達にご利益あり!関西のデザイナー・カメラマン・ミュージシャンにおすすめの初詣スポット4

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 初詣、どこへいかれ

記事を読む

男女ともに必見!加齢臭や体臭対策として使えるベストな香水22

男女ともに必見!加齢臭や体臭対策として使えるベストな香水22

どんなにイケメンでも美人でも、どんなにいい人でも、どんなに清潔感のある人でも、明るく前向きな人であっ

記事を読む

モテモテ男に大変身!イケメンじゃないのにモテる男から盗むべきポイント21

モテモテ男に大変身!イケメンじゃないのにモテる男から盗むべきポイント21

質問。 女性にモテる条件は「イケメンである。YesかNoか?」 答え、Noです! イケメンだと

記事を読む

本好きにはたまらない!世界の図書館写真がすごすぎる

本好きにはたまらない!世界の図書館写真がすごすぎる

壮観すぎる世界の図書館の内観写真をコレクションしてみました。 もちろん、日本の図書館しか知らないの

記事を読む

雨の正確な予報をピンポイントで知りたいなら「高解像度降水ナウキャスト」

威力抜群!雨の正確な予報をピンポイントで知りたいなら「高解像度降水ナウキャスト」

雨の正確な予報を教えてくれる気象庁のサービス「高解像度降水ナウキャスト」をご紹介します。 この「高

記事を読む

成功者になるために必要なたった4つのこと

みなさんは旅行するとき、どうしていますか? たとえば車に乗って出かけるときには、まず目的地を決めて

記事を読む

転職を7度経験した私が転職を成功させるためにした9つのこと

私はこれまで転職を7度ほど経験してきました。 最初は業界新聞の記者として、次に出版社、また出版社、

記事を読む