個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

脱初心者!Photoshopを使用するなら注意したい11のこと

  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
Monique

Photoshopを使っている方は多いと思います。
でも、先生や先輩などについて教えてもらった場合は別として、独学で学んでいると、知らず知らずのうちに、非効率になる使い方をしていたということがあると思います。
Photoshopを使うんだったら、できれば効率的に作業を行いたいですよね。
そこで今回は、作業を効率的に行うなら、ぜひとも気をつけておきたい10項目をまとめてみました。
たった10項目ですが、作業時間が大幅に変わってくると思うので、知らなかったという人はぜひ気をつけてみてください。

ショートカットを使う

wallpaper-photoshop
Photoshopには数多くの便利なショートカットがあります。
これを使わず、すべてをマウス操作だけで行っていたのでは、作業時間が大幅に違ってきます。
ぜひともショートカットを覚えて、作業効率をアップさせてください。

定期的に「保存」を行う

save
PhotoshopやIllustratorで作業に没頭していると、ついつい保存するのを忘れてしまい、フリーズしてこれまでのデータがお釈迦になる。そんな経験はありません?
こまめな保存は作業効率を大幅にアップさせる結果につながります。
定期的に保存するクセをつけておきましょう。

レイヤーとフォルダーを利用する

secret01
Photoshopのもっとも大きな特長、それはレイヤーの存在でしょう。
レイヤーはむちゃくちゃ便利です。
レイヤーはどんどんつくって、ガンガン利用しましょう。
たとえば、写真を触る場合も、オリジナルはぜったい触らず、レイヤーを複製して利用しましょう。
こうしておけば、失敗してもすぐにもとに戻せます。
レイヤーが増えたら、グループ分けしてレイヤーパネルを整理しましょう。

レイヤーマスク、スマーオブジェクトを利用する

layermask
レイヤーマスクやスマートオブジェクトを利用していますか?
これははもとの画像を変更・劣化させることなく、編集ができてしまう大変便利な機能です。
背景を消す場合には、消しゴムツールを使うのではなくレイヤーマスクを。
リサイズツールを使うのではなく、スマーオブジェクトを利用するようにしましょう。
またpsdファイルで保存しておくのも重要です。

ストックフォトサービスに頼り過ぎない

stock
ストックフォトは非常に便利ですし、作業時間を大幅に短縮してくれます。
しかし、ストックフォトサービスばかりに頼っていては、Photoshopの技能が鈍ってきます。
自分で写真を合成、レタッチできる技術を普段から磨くようにしましょう。

CMYKモードを標準モードにしないこと

subtractivecolour
CMYKで印刷する明確な目的がある場合を除いて、CMYKモードをデフォルトに設定しなようにしましょう。
CMYKモードのままだと、多くの機能が制限される場合があります。
RGBモードで作業を行い、必要な場合だけCMYKに変換するようにしましょう。
ただし、CMYKに変換した場合は、写真が全体的に暗くなることがあるので、注意が必要です。

度が過ぎたレタッチをしないように

photoshop_failure_graphics_12
作業に没頭しすぎると、レタッチを必要以上にしてしまうことがありますが、写真をみる読者や視聴者は違和感を感じます。
ほどほどでとどめるほうが、違和感がなく、完成度が増します。
「やりすぎ」はくれぐれも注意しましょう。

なんにでもPhotoshopを利用しないこと

sketch
Photoshopは大変すぐれたツールですが、なんでもかんでもPhotoshopを利用しないようにしましょう。
たとえば、ロゴ制作などは圧倒的にillustratorが適していますし、誌面デザインはInDesignがすぐれいています。
適した場面で利用して、能力を最大限に活かしましょう。

「彩度を下げる」で白黒写真を作らないこと

Monique
(photo by Monique
白黒写真をつくるとき、みなさんはどうしていますか。
メインメニューから「イメージ」>「色調補正」>「彩度を下げる」としていませんか。
このままで表現力豊かな白黒写真にはなりません。
「彩度を下げる」ではなく、メインメニューから「イメージ」>「色調補正」>「チャンネルミキサー」を選択し、「モノクロ」にチェックを入れてください。
つづいて、レッド、ブルー、グリーンの3色を使って設定を加えれば、表現力豊かな白黒写真ができあがります。
また、メインメニューから「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「白黒」を使っても、印象的な白黒写真が出来上がります。

72dpiで作業をしないこと

72dpi
Photoshopではデフォルトが72dpiになっています。
このままで作業をしていませんか?
しかし、通常は72dpiのままでは、適していない場面が多々出てきてしまいます。
WEBのデザイン以外では、300dpiで作業するようにしましょう。

最適な「黒」を使いましょう

blac
CMYKで黒を表現したいとき、K=100にしていませんか?
しかし、このままでは濃い灰色にしているだけで、表現力のある「黒」とはいえません。
印象的な黒にしたいときには「C=90, M=90, Y=30, K=100」としましょう。
表現力のある「黒」になります。
大きなサイズの文字を「黒」にしてデザインしたいときには、「C=90, M=60, Y=30, K=100」とすれば、パンチのある「黒」を表現できます。

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おお便利!Adobeソフトのショートカットがブラウザで確認できる「Keyboard Shortcut Visualiser」

おお便利!Adobeソフトのショートカットがブラウザで確認できる「Keyboard Shortcut Visualiser」

Photoshop, Illustrator, InDesignなどのAdobeソフトのショートカッ

記事を読む

商用利用可能!高画質な写真素材を無料ダウロードできる「Raumrot」

商用利用可能!高画質な写真素材を無料ダウロードできる「Raumrot」

続々とサイトがオープンしている商用利用可能でなおかつ高画質な無料の写真素材サイト。 今回もまた新し

記事を読む

商用利用可能でクレジット表記不要!高画質な写真素材を無料ダウロードできる「KaboomPics」

商用利用可能でクレジット表記不要!高画質な写真素材を無料ダウロードできる「KaboomPics」

つい先日も商用利用可能でなおかつ高画質な無料の写真素材サイト「Raumrot」をご紹介させていただき

記事を読む

パッケージデザインvol.10 参考になる優れたパッケージ/プロダクトデザイン20をご紹介(金曜日企画)

デザイン性・アイディアに富んだパッケージ/プロダクトデザインvol.10

優れたパッケージデザイン・プロダクトデザインをご紹介している金曜日企画、第10回目です。 今回も、

記事を読む

パッケージ/プロダクトデザインvol.26 参考になる優れたパッケージ/プロダクトデザインをご紹介

デザイン性・アイディアに富んだパッケージ/プロダクトデザインvol.26

優れたパッケージデザイン・プロダクトデザインをご紹介している金曜日企画、第26回目となりました。

記事を読む

TEORI ナイフ刺し

デザイン性・アイディアに富んだパッケージ/プロダクトデザインvol.27

優れたパッケージデザイン・プロダクトデザインをご紹介している金曜日企画、第27回目です。 今回も世

記事を読む

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販を使って各社を比較。オススメの通販印刷会社をご紹介

印刷通販を使って各社を比較しました。オススメの通販印刷会社をご紹介します。 普段から、印刷通販を利

記事を読む

Photoshopを動画でマスターするならYouTube!登録しておきたいYouTubeチャンネル9選

Photoshopを動画でマスターするならYouTube!登録しておきたいYouTubeチャンネル9選

Photoshopを動画でマスターできるYouTubeチャンネルをご紹介します。 Photosho

記事を読む

無料のフリー写真・動画・アイコン素材を効率よく探せる「AllTheFreeStock.com」

無料のフリー写真・動画・アイコン素材を効率よく探せる「AllTheFreeStock.com」

無料で利用できる高画質のフリー画像サイトが次々にリリースされています。 数サイトならいいのですが、

記事を読む

無料で使えるPhotoshop用鉛筆/ペンシルブラシ

無料で使えるPhotoshop用の鉛筆/ペンシルブラシ250+

無料で使えるPhotoshop用の鉛筆/ペンシルブラシをご紹介します。。 Photoshopで手書

記事を読む