個人的に役立ったデザイン素材やTips、WEBサービス、役立つグッズ、あれやこれやをご紹介

CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

CSSスプライトを誰でも簡単に、しかも見やすく生成できてしまうツールのご紹介です。
CSSスプライトは複数の画像を1枚にしてページの表示速度を上げるためのテクニックです。
今や当たり前のテクニックになっていますが、作成してCSSで実装するのは面倒です。
しかし、今回ご紹介するツールであれば、簡単に手早くCSSスプライトを作成できてしまいます。
ご参考にどうぞ。

CSSスプライト作成の決定版!「Spritebox」

Spritebox自体は、実は昔からあったサービスなのですが、最近、ものすごいリニューアルがなされ、洗練されたUIとさらに使いやすくなってパワーアップしました。
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

「Spritebox」の使い方

Spriteboxを使うには、CSSスプライトにするための画像を準備します。
「Manage Image」をクリックして、画像をアップしていきます。
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」
つづいて、スプライト用の画像をアップします。
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

アップが完了すると、自動で隣に整列してくれています。
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

アップが完了したら、画面左下にある「Output」ボタンをクリックします。
以下のように、CSSあるいはSASSのコードが出ていますので、これをコピーして利用します。
CSSスプライト作成の決定版!これ以上ない使いやすさの「Spritebox」

スプライト画像はダウンロードボタンを押せば、入手できます。
レティナ対応のスプライトも作れますよ。
その場合には事前に「Retina」ボタンを押して「ON」にします。

Spritebox

お役に立てましたら、以下どれでも結構のですので、ポチリと……。

  • 0
  • 0
  • 3
  • 14

Amazonアソシエイト・プログラム規約による記載
当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

HTML5/レスポンシブ/フラットデザインの無料テンプレート50(2013年分)

以前「全部無料!レスポンシブWEBデザイン制作を驀進させるレスポンシブ対応テンプレート121」という

記事を読む

レスポンシブ対応のコンテンツスライダー/スライドショーベスト8

以前の記事「レスポンシブ対応などコンテンツスライダー/スライドショー用jQueryプラグイン50+」

記事を読む

CSSで表現されたスゴワザのテキストエフェクト&チュートリアル19

CSS3では、CSSでさまざまなテキストエフェクトを実現することが可能です。 今回は、CSSで表現

記事を読む

WordPressで格安レンタルサーバーを選ぶなら?エックスサーバーかミニバードがおすすめ!

WordPressにベストな格安レンタルサーバーはこれです!

WordPressでレンタルサーバーを選ぶ場合のおすすめサーバーご紹介します。 新しくWordPr

記事を読む

オフラインでも便利なChrome機能拡張おすすめアプリ10

ネットが便利なのは言うまでもありませんが、場所の制約からネット回線につながらないときがあります。

記事を読む

ナビゲーションだけが90以上!ナビゲーションメニューのプラグインやチュートリアルのコレクションサイト「NavNav」

ナビゲーションだけが90以上!ナビゲーションメニューのプラグインやチュートリアルのコレクションサイト「NavNav」

ナビゲーションメニューのプラグインやデモ、チュートリアルが90以上コレクションされたサイトをご紹介し

記事を読む

CSSアニメーションを使ったエフェクトライブラー9

CSSアニメーションを使ったエフェクトライブラリー9

CSSアニメーションを使ったエフェクトは、プログラムを苦手とするWEBデザイナーや一般の方々に新しい

記事を読む

グラフィックデザイナーのためのオンラインポートフォリオ作成方法

グラフィックデザイナーの皆さんはオンラインポートフォリオをもっていらっしゃいますか? 持っていない

記事を読む

レスポンシブWEBデザインなら導入したいレスポンシブ対応CSSフレームワーク35(〜2013年9月まで)

レスポンシブWEBデザインにますます注目が集まっているようです。 つい最近では、カラーミーショップ

記事を読む

一石二鳥!ベンダープレフィックスをブラウザ上で追加し、CSSのミスも指摘してくれる「Autoprefixer」

一石二鳥!ベンダープレフィックスをブラウザ上で追加し、CSSのミスも指摘してくれる「Autoprefixer」

ベンダープレフィックスvendor prefixesをブラウザ上で追加してくれたうえで、CSSのミス

記事を読む